青年部について

butyou2015

日左連青年部ホームページにアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。

私達日左連青年部は50周年を迎え、新しい50年に向けスタートをしました。

今、私達をとりまく環境は大きな変革期の真っ只中です。
今から50年前の1965年の日本といえば東京オリンピックの開催、東海道新幹線の開通の翌年で、昭和の高度経済成長時代の真っ只中でした。
この50年間、私達左官業界を支えてきたのは昭和の高度経済成長時代の左官職人さんが圧倒的に多いのです。
その業界を支えてきた職人さん達が引退の時代に入りました。
これからは大量の職人さんの引退による職人減少時代に入ります。
左官職人が大量に減少するというのは、左官業界が縮小するというのと同じことです。
今のままでは、左官業界はとても小さな業界になってしまいます。
それを解決する方法は「次世代技能者を創り出すこと」
私達の未来を明るくするにはこれしかないと考えています。
そのために必要な事は「採用」「教育」「育成」です。
そしてその延長線上にあるのが「技能の伝承」です。

私達左官業界はこれらの問題を同時に解決しなければなりません。そしてそれは特定の地域だけでなく、全国的規模で同時に推し進めなければなりません。
それを可能にするのが「モデリング」です。
モデリングとは「それを上手く出来る人と同じ行動をすれば、同じ結果を得ることができる」という概念です。
今の日左連青年部は全国の仲間が集い、良い結果が出ている人がそれを仲間にシェアし、それをモデリングして広げていく・・・その流れが今の日左連青年部にはあります。
日左連青年部はこれからも「モデリング」を活用して次世代の左官業界を創りだしていきます。

日左連青年部
青年部13代部長 中屋敷 剛

director-berner

ページ上部へ戻る